スポーツ

トランポリン、堺らが個人代表 世界選手権の最終選考会

 トランポリン世界選手権代表に選ばれた(後列左から)岸大貴、海野大透、堺亮介、上山容弘、棟朝銀河、田崎勝史ら男子代表。(前列左から)土井畑知里、森ひかる、佐竹玲奈、宇山芽紅、岸彩乃、高木裕美ら女子代表=高崎アリーナ

 トランポリンの世界選手権(11~12月・東京)代表最終選考会は22日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、男子は2位の堺亮介と3位の上山容弘、女子は2位の宇山芽紅が個人代表入りを果たした。1位となった男子の岸大貴、女子の森ひかるは既に決まっていた。

 男女個人代表はそれぞれ4人。男子は海野大透、女子は土井畑知里、佐竹玲奈が既に選考基準を満たしていた。

 男子でリオ五輪個人4位の棟朝銀河と女子で17年世界選手権個人銀の岸彩乃は非五輪種目のシンクロナイズド要員で代表入りした。

 世界選手権で男女の個人決勝に進出した日本勢最上位の選手は来年の東京五輪代表となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス