スポーツ

ホッケー日本、ロシア下し決勝へ 女子8カ国国際大会

 日本―ロシア 第1クオーター、競り合う尾本(中央)=広島広域公園第二球技場

 ホッケーのFIHシリーズ・ファイナル女子8カ国国際大会第6日は22日、広島市の広島広域公園第二球技場で準決勝が行われ、世界ランキング14位の日本は同25位のロシアを下し、決勝に進んだ。1―1からのシュートアウト(SO)戦を3―1で制した。23日に世界ランク9位のインドと対戦する。

 日本が1次リーグで2―1で下した相手との再戦。第2クオーターに先制された直後にPCから山下(コカ・コーラ)が決めて追いついた。その後は再三の好機を得ながらゴールを奪えなかった。SO戦では日本はGK景山(ソニー)が好セーブを連発し、4人中3人がシュートを決めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス