国際

ミャンマー、ネット接続遮断指示 紛争頻発地域の携帯電話

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの通信会社は22日までに、政府の指示を受け、国軍と仏教徒の武装勢力との紛争が頻発する西部ラカイン州の一部の地域などで、携帯電話のインターネット接続を遮断したと明らかにした。政府は解除時期に言及していないという。

 通信会社によると、政府は紛争が続いているための措置と説明。ただ実際は、武装勢力の人々の間の情報伝達を遮断すると共に、紛争を巡って、国軍に対する市民からの批判などを封じる目的があるとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス