国際

米、イランにサイバー攻撃 報復でトランプ氏承認

 ホワイトハウスで記者団に応じるトランプ米大統領=22日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米主要メディアは22日、タンカー攻撃や米無人機撃墜への報復として、米軍がイラン革命防衛隊と関係する複数のコンピューターシステムにサイバー攻撃を仕掛けたと報じた。トランプ大統領は対イラン軍事攻撃を直前で中止したが、サイバー攻撃は承認した。米国土安全保障省は22日、イランが米政府機関や産業界へのサイバー攻撃を強化していると警告、両国間の「サイバー戦争」に発展する恐れも浮上してきた。

 トランプ氏は22日、イランに対して24日に大規模な追加制裁を発動するとツイッターで明らかにした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス