国際

ハワイ小型機墜落、死者11人に 地元当局が発表訂正

 【ホノルル共同】米ハワイ州オアフ島北部の飛行場近くで21日夕に起きた、スカイダイビングのツアー客を乗せた小型機の墜落事故で、地元当局は22日、死者数を11人全員に訂正した。当初死者は9人全員と発表していた。機体は墜落後に激しく炎上しており、情報が交錯したとみられる。

 ツアー客やインストラクター、操縦士らが乗っていたとされるが、身元などは明らかにされていない。米連邦航空局(FAA)や警察などが11人の身元や原因調査を進めている。

 ハワイの日本総領事館も、日本人観光客が巻き込まれていないか情報収集を続けている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス