社会

「参院選次第で改憲加速」と訴え 学者グループが危機感

 記者会見でアピールを発表する、憲法学者らでつくる「安全保障関連法に反対する学者の会」のメンバーら=23日午後、東京都千代田区

 憲法学者らでつくる「安全保障関連法に反対する学者の会」は23日、東京都内で記者会見し、参院選を念頭に「日本の『戦後』は最大の正念場だ。結果次第では、まっとうな議論がないまま、改憲への動きがいよいよ加速する」とのアピールを発表した。市民に対し「主権者として行動を起こし、議会を動かそう」と呼び掛けた。

 会見した愛敬浩二名古屋大教授(憲法学)は、自衛隊が米軍の艦艇や航空機を防護する活動の件数が次第に増えている実情を指摘。「戦争できる国へと根本的に改変されている」と安倍政権への危機感を強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス