国際

国交150年、友好の茶会 ウィーンで千玄室大宗匠

 日本とオーストリアの国交150年を記念した献茶式で茶をたてる千玄室大宗匠=23日、ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念し、オーストリアの首都ウィーンで23日、両国の友好と関係発展の願いを込め、茶道裏千家の前家元千玄室大宗匠(96)による献茶式が行われた。

 千氏は、ウィーン中心部のノイエブルク(新王宮)にある世界博物館の会場で両国の関係者らに茶をたて、茶道と日本の精神について講演。「心の中から区別、差別のない世界をつくるのがお茶」と語り、国同士、人同士の調和と平和を訴えた。

 会場に集まった約200人は千氏が茶をたてる様子を静かに見守り、講演では大きな拍手を送った。


(共同通信)