国際

大統領親書、米朝協議「基礎に」 ポンペオ国務長官

 23日、米ワシントン郊外で記者団に語るポンペオ国務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は23日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に送った親書に触れ「北朝鮮との重要な協議を始める基礎づくりとなることを期待する」と述べた。ワシントン郊外で記者団に語った。ロイター通信が報じた。

 ポンペオ氏は親書を受け取った北朝鮮の反応から、滞っている米朝実務協議の再開を巡り「可能性は十分にあると思う。北朝鮮側が協議の用意があることを示せば、われわれは即座に向かうことができる」と強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス