くらし

黒部ダムで観光放水、巨大アーチ 富山県立山町で毎年恒例

 富山県立山町の黒部ダムで26日、毎年恒例の観光放水が始まった。日本一の高さの壁面(186メートル)から毎秒約10トン以上の水が勢いよく噴き出し、巨大なアーチを描く光景が目玉。放水にかかる虹が見られる時もある。10月15日まで。

 観光放水は下流の黒部川の景観を維持する目的で、ダムの運用が始まった1961年から実施されている。毎年、巨大なダムや北アルプスの大自然を見ようと、全国から多くの観光客が訪れる。

 関西電力によると、黒部ダムは高度経済成長期の電力需要を支えるために建設された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス