経済

スルガ銀、社長の辞任要求で紛糾 株主総会、不正融資で

 スルガ銀行の株主総会の開場を待つ株主ら=26日午前、静岡県沼津市

 不正融資が社会問題となったスルガ銀行は26日、静岡県沼津市で定時株主総会を開いた。冒頭から有国三知男社長に対し引責辞任を求める声が相次ぎ、議事進行が滞るなど紛糾。有国氏は不正融資を謝罪した上で「経営の継続性から(業務)改善計画の実行をしっかり務めたい」と釈明した。

 総会では経営再建に向け、有国氏を除く5人の取締役が退任し、新たに6人が就任する新経営体制や、企業統治を強化するため監査等委員会設置会社への移行などの議案を可決した。

 副社長には佐川急便の親会社SGホールディングスで取締役を務めた嵯峨行介氏が就き、社外取締役が過半の4人となる。


(共同通信)