政治

自民都連、知事選で独自候補擁立 反小池氏の姿勢を鮮明に

 自民党東京都連は27日、来年の都知事選の候補者を選ぶ委員会の初会合を開き、小池百合子知事とは別の独自候補を擁立する方針を確認した。自民党は都議会で小池氏と対立しており、反小池氏の姿勢を鮮明にした。具体的な選考方法は今後決める。

 小池氏の任期満了は来年7月で、都知事選は東京五輪直前となる可能性がある。小池氏は出馬の意欲を明確にしていないが、選考委の座長を務める自民党の萩生田光一都連総務会長(党幹事長代行)は会合後の会見で「現在の都政は都民の信頼に値しないということで一致した」と批判した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス