政治

地上イージス配備「白紙に」 秋田知事が国を指弾

 秋田県庁で記者会見する佐竹敬久知事=27日午後

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、秋田県の佐竹敬久県知事は27日の記者会見で、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を配備候補地とする防衛省の計画に関し「われわれは相当厳しく対応する。白紙に戻した方が国にとって早道になるのではないか」と述べた。

 新屋演習場を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題などを受け、佐竹氏らに陳謝した岩屋毅防衛相の対応について「一方で謝っておいて『やっぱり新屋が適地』と(言うのは)謝っていることにはならない。地元感情を害する」と指弾した。

 佐竹氏は、配備問題が参院選秋田選挙区の情勢に影響するとの認識を示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス