経済

ラインで株取引、今秋開始 上場100社を1株単位で

 LINE(ライン)は27日、スマートフォンなどのアプリ上で株取引ができるサービスを今秋から始めると発表した。金融子会社と野村ホールディングス(HD)が共同出資する「LINE証券」が運営を手掛け、上場100社の株式を1株単位で売買できる。投資初心者や若年層の利用を目指す。

 対象企業の株価に応じて最低150円程度から、平均3千円程度で売買できる。料金体系などサービスの詳細は今後詰める。

 LINE証券は、昨年6月にLINEの金融子会社が過半を出資して野村HDと準備会社を設立し、サービスの開発を進めていた。


(共同通信)