国際

チュニジア爆発でIS声明 治安要員1人死亡

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)は27日、チュニジアの首都チュニスで同日、IS戦士2人が治安要員に対し攻撃を行ったとの声明を、系列ニュースサイトを通じて出した。信ぴょう性は不明。チュニスでは27日に自爆テロとみられる爆発が連続2回あり治安要員1人が死亡、市民を含む複数が負傷した。

 内務省によると、最初の爆発は治安当局のパトロールを狙って発生。2回目は警察の建物近くで起きた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス