国際

トランプ氏に集中砲火、米民主党 大統領選に向け討論会、政策非難

 米大統領選に向けた民主党の候補者討論会で並ぶ(左から)バイデン前副大統領、サンダース上院議員、ハリス上院議員=27日、米フロリダ州マイアミ(ゲッティ=共同)

 【マイアミ共同】来年の米大統領選でトランプ大統領の再選阻止を目指す民主党が26、27両日に行った討論会で、候補者らは経済政策や移民対策を巡り、トランプ氏の非難を繰り返した。トランプ氏は最近の世論調査で支持率が民主党の有力候補を下回っており、反政権の機運がさらに高まるのを警戒している。

 27日の討論会でバイデン前副大統領は、富裕層を優遇するトランプ氏の経済運営が所得格差を広げ「わが国を恐ろしい状況に陥れた」と酷評。サンダース上院議員は「トランプ氏は労働者家庭の側に立っておらず、国民にうそをついている」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス