社会

映画の上映差し止め確定 「沖縄 うりずんの雨」

 沖縄戦や米軍基地問題がテーマのドキュメンタリー映画に、映像を無断で使われ著作権を侵害されたとして、琉球朝日放送が映画を制作した「シグロ」(東京)に上映差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)はシグロの上告を退ける決定をした。27日付。上映差し止めや約50万円の損害賠償を命じた一、二審判決が確定した。

 この映画は「沖縄 うりずんの雨」。判決によると、2015年に公開され、琉球朝日放送が04年に沖縄国際大で起きた米軍ヘリ墜落事故を撮影した映像が計34秒、無許可で使われた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス