経済

大阪、厳戒態勢下で365億円? G20効果、企業活動自粛も

 G20大阪サミットの影響で休館したミズノ本社=28日、大阪市

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で厳戒態勢が続く大阪では28日、企業が活動自粛を迫られる一方、商機とみて関連付けた料理を提供する飲食チェーンもあった。各国の政府関係者や報道陣、警備に日本全国から警察官が集まると365億円の経済効果を見込む試算があるなど前向きな影響も期待される。

 大阪市の人工島・咲洲にある主会場近くのミズノ本社は、敷地への立ち入りが制限され閑散としていた。交通規制の影響を踏まえて休館とし、社員は在宅勤務などで対応した。西日本JRバス(大阪市)は高速バスを一部で運休するなどして利用者から問い合わせが相次ぎ、対応に追われた。


(共同通信)