スポーツ

近代五種テスト大会、運営を公開 配置工夫し競技時間短縮

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、今年初のテスト大会として開催中の近代五種のワールドカップ(W杯)ファイナル(武蔵野の森総合スポーツプラザほか)で行っている運営テストの様子を公開した。本番を想定し、競技時間の短縮のため馬術から射撃・ランニングに移る際に会場の配置転換を最小限にとどめる工夫や、馬術が競技場の芝に与える影響の検証などを行った。

 東京大会の本番会場は隣接する味の素スタジアムとなる。フィールド上に水泳用のプールとフェンシングのピスト(舞台)を仮設し、五輪で初めて全種目(フェンシングのランキングラウンドを除く)を同一会場で行う。


(共同通信)