経済

EUと南米、FTAで大枠合意 7億人の巨大市場、交渉20年

 【サンパウロ共同】欧州連合(EU)と南米の関税同盟、南部共同市場(メルコスル)は28日、自由貿易協定(FTA)の締結で大枠合意したと発表した。発効すれば、人口約7億7300万人、域内総生産(GDP)計19兆ユーロ(約2300兆円)規模の巨大自由貿易市場が誕生する。

 2000年からの断続的な交渉がようやく実を結ぶ。今後、最終合意文書の策定を急ぐ。ユンケル欧州委員長は声明で「国際貿易の緊張が高まる中、ルールに基づいた貿易を支持するという強いシグナルを送る」と強調。自国優先の通商政策を進めるトランプ米政権をけん制した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内