経済

トヨタ、中国自動運転連合に参画 「アポロ計画」、実用化へ加速

 トヨタ自動車本社=2019年4月1日、愛知県豊田市

 トヨタ自動車が、中国検索大手の「百度(バイドゥ)」が主導する自動運転開発の企業連合「アポロ計画」に参画することが29日、分かった。中国では政府の支援を受けて自動運転の開発が急速に進んでおり、トヨタは実用化への加速を図る。

 アポロ計画は2017年に始まった。自動運転に関するさまざまなデータを参加企業に公開し、各社の開発を促している。独フォルクスワーゲン(VW)や米フォード・モーターなど135社以上が参加し、日系メーカーではホンダも加わっている。

 トヨタは、人工知能(AI)の研究開発を手掛ける米子会社など日米を中心に自動運転の開発を進めてきた。


(共同通信)