国際

チリのピニェラ大統領が広島訪問 「核のない世界を」

 平和記念公園の原爆慰霊碑に献花するチリのピニェラ大統領=29日、広島市

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて来日中のチリのピニェラ大統領が29日、広島市を公式訪問した。平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花し「中南米のみならず全世界が、核のない世界になることを希望します」と話した。

 ピニェラ氏は平和記念公園内にある施設で松井一実市長と懇談し、雨が降る中、松井市長の案内で原爆慰霊碑に献花した。その後、原爆資料館の滝川卓男館長の案内で館内を見学し、芳名録に記帳した。

 今回の訪問は、原爆被害の惨状を世界に訴えようと広島、長崎両市長がサミット参加国首脳に被爆地訪問を要請し、ピニェラ氏が応じた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス