社会

北方領土問題「進展なく残念」 日ロ首脳会談受け元島民

 記者会見する千島歯舞諸島居住者連盟の(右から)宮谷内亮一根室支部長と河田弘登志副理事長=29日午後、北海道根室市

 北方領土の元島民団体、千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)は29日、大阪市での日ロ首脳会談開催を受け北海道根室市で記者会見した。首脳会談後の共同記者発表をインターネット中継で視聴した元島民からは「(領土問題交渉の)進展が見えず残念だ」と落胆の声が上がった。

 千島連盟の宮谷内亮一根室支部長(76)は「領土問題前進に向けた足がかりになればと思っていたが、さっぱり見えない」と声を落とした。「令和の早い時期に(交渉を)前に進め、希望を与えてほしい」と話した。

 また、河田弘登志副理事長(84)は「返還が実現するまで運動は続けていく」との決意を強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス