社会

脱線事故のJR上越線で運転再開 渋川―沼田間

 群馬県渋川市のJR上越線渋川―敷島間を走行中の高崎発水上行き下り電車(4両編成)が28日夜に脱線した事故で、運転を見合わせていた同線渋川―沼田間は29日午後10時40分ごろ、運転を再開した。バスによる代行輸送は、運転再開に伴い終了した。

 JR東日本によると、乗客乗員計約80人にけが人は確認されていない。ただ首の痛みを訴えた乗客が1人いたとしている。

 脱線は28日午後10時55分ごろ発生。線路内に流入した土砂に乗り上げたことが原因だった。乗客は車内に閉じ込められ、約1時間半後にバスで目的地に向かった。


(共同通信)