社会

西・東日本、豪雨に厳重警戒を 数時間降り続く恐れも

 大雨で増水した熊本県宇土市の潤川=30日午後3時10分

 梅雨前線が停滞する影響で、西日本と東日本では7月3日ごろまで雷を伴う非常に激しい雨が降り、大雨になる地域がありそうだ。総雨量が多くなる恐れもあり、気象庁は30日、土砂災害、河川の増水・氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要になる。

 局地的に非常に激しい雨が数時間にわたって続く可能性もあるという。

 気象庁によると、黄海から山陰沖、東日本に延びた前線は、7月2日にかけて西日本から東日本の太平洋側に南下して停滞。さらに日本海西部の低気圧が30日午後には北陸へ進みそうだ。


(共同通信)