政治

安保発言、米側に真意たださず 菅氏「反応すべきでない」

 菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は30日のフジテレビ番組で、日米安全保障条約を「不公平な合意だ」とするトランプ米大統領の発言について、米側に真意を問いただす考えは「全くない」と表明した。日本側に直接伝えられたものではないと強調し「反応すべきでない」との認識を示した。

 菅氏は「(トランプ氏の発言は)今に始まったものではない。さまざまな発言について、政府内でしっかり対応できるようにしている」と述べた。

 28日の日米首脳会談に関し「安保条約の見直しや、片務的であるといった点を含め、日米安保に関することは全くなかった」と説明した。


(共同通信)