経済

商業捕鯨、31年ぶりに1日再開 IWC脱退、反捕鯨国の反発懸念

 日本は1日、領海と排他的経済水域を操業海域として31年ぶりに商業捕鯨を再開する。クジラの資源管理を話し合う国際捕鯨委員会(IWC)を6月30日に脱退し、IWCが決めた商業捕鯨の一時停止が適用されなくなった。ただ、鯨肉消費の縮小などで事業環境は厳しく、オーストラリアや欧米などの反捕鯨国からの反発も懸念される。

 1日午前に山口県下関市から沖合操業を担う共同船舶(東京)が運航する母船「日新丸」などの3隻が出航。北海道釧路市からは沿岸操業を手掛ける6業者5隻が漁に出る。捕鯨は乱獲を避けるため設定される捕獲枠内で実施する。水産庁は1日に捕獲枠を公表する見通しだ。


(共同通信)