政治

首相、サウジ皇太子と会談 中東情勢安定化への協力を確認

 安倍晋三首相は30日、サウジアラビアのムハンマド皇太子と大阪市内で会談した。米国とイランの対立で緊張が高まる中東情勢の安定化へ協力する方針で一致。サウジが来年の20カ国・地域首脳会議の議長国を務めることを踏まえ、成功に向けて連携すると伝えた。

 サウジはイランと敵対関係にあり、強硬姿勢を崩していない。日本とサウジが緊張緩和へ連携を図れるかどうかが課題となる。

 会談で、首相は脱石油依存を目指すサウジの経済構造改革を後押しする方針を改めて伝達。日本企業の進出拡大などを柱とする「日・サウジ・ビジョン2030」について「最大限協力する」と約束した。


(共同通信)