くらし

大阪の夏「愛染まつり」始まる 「べっぴんさんじゃ」の声響く

 「愛染まつり」が始まり、かごから見物客に手を振る愛染娘=30日午後、大阪市

 大阪に夏の訪れを告げる「愛染まつり」が30日、大阪市天王寺区の愛染堂勝鬘院で始まった。昨年近隣住民からの苦情で露店の出店やパレードを取りやめた対応は、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)直後の開催となったこともあり踏襲された。昨年募集を中止した愛染娘は復活し、祭りをもり立てる。7月2日まで。

 午後1時半ごろ、激しい雨が降る中、境内に集まった約100人の見物客を前に、華やかな青色の浴衣を着た愛染娘がかごに乗り込んだ。鉢巻き姿の若者らが担ぎ上げ「べっぴんさんじゃ」「商売繁盛」と威勢のいい掛け声が響いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス