スポーツ

フェンシング協会、太田会長再任 任期2年の2期目就任

 日本フェンシング協会の太田雄貴会長

 日本フェンシング協会は30日、東京都内で総会と理事会を開き、男子フルーレで2008年北京五輪の個人、12年ロンドン五輪の団体と2大会連続で銀メダルを獲得した太田雄貴会長(33)を再任した。任期2年の2期目へ「スポーツ界のロールモデル(手本)になれるよう頑張っていく」と抱負を語った。

 16年リオデジャネイロ五輪後に現役を引退した太田氏は、17年8月に31歳で会長に就任。組織改革や全日本選手権決勝を劇場で実施するなど、競技の普及へ新たな取り組みをしてきた。国際連盟の副会長も務めている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス