スポーツ

自転車ロード男子、入部が初優勝 全日本選手権、新城2位

 男子ロードレースで初優勝し喜ぶ入部正太朗。左は2位の新城幸也=富士スピードウェイ

 自転車の全日本選手権ロードレース最終日は30日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、男子(227キロ)は入部正太朗(シマノレーシング)が6時間12分27秒で初優勝を果たした。2位は同タイムの新城幸也(バーレーン・メリダ)、3位は8秒差の横塚浩平(チーム右京)だった。

 東京五輪男子代表は国際自転車連合(UCI)のワールドツアーなどでの獲得ポイントで決まり、今大会の成績も加算される。富士スピードウェイは東京五輪ロードレースのゴールになっている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス