政治

玉木・国民代表、二階氏を批判 予算配分巡り「脅し文句」

 国民民主党の玉木雄一郎代表は30日、自民党の二階俊博幹事長が国の予算配分を巡る与党の影響力を背景に選挙支援を迫った発言について「脅しのような文句。まともな発言とは思えない」と批判した。福島市で記者団の質問に答えた。

 これに先立つ福島市の街頭演説では「権力と税金の私物化だ。公務員もヒラメのように権力ばかりを見ている。こんな政権では国民は幸せにならない」と指摘した。

 二階氏は29日、土地改良事業関係者らが出席した徳島市での会合で「選挙を一生懸命、頑張ってくれたところに予算を付ける。休んでいるところは、予算は休ませてもらう」と述べた。


(共同通信)