スポーツ

現役ドラフトで意見交換 プロ野球実行委員会

 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が1日、東京都内で開かれ、日本プロ野球選手会が提案している現役ドラフト制度について意見交換し、今後も検討を進めることを確認した。

 現役ドラフトは他球団の現役選手を指名して移籍させる制度で、出場機会に恵まれない選手の救済策として選手会が実現を求めている。NPB側の交渉窓口となっている阪神の谷本修球団本部長は「12球団で合意できる案をつくっていきたい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス