スポーツ

監督「伊調は覚悟決めて臨む」 女子レス世界選手権プレーオフへ

 レスリングの世界選手権(9月・カザフスタン)代表を決めるプレーオフは、6日に埼玉県の和光市総合体育館で行われる。5日は会場が設営され、注目の女子57キロ級で代表を狙う伊調馨(ALSOK)の状態について、所属先の大橋正教監督は「本人は何をやらないといけないかは重々分かっている。淡々とやっている。覚悟を決めて臨むと思う」と語った。

 五輪5連覇を目指す伊調は昨年10月に実戦復帰後、代表を争う2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)とは1勝2敗と負け越し。いずれもリードを許す展開で、前半の闘いが鍵になりそうだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス