スポーツ

ボクシング女子、並木ら世界代表 「去年よりいいメダルを」

 ボクシングの女子世界選手権の代表に選ばれた、(左から)釘宮智子、入江聖奈、浜本紗也、並木月海、仲田輪幸=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 ボクシングの女子世界選手権(10月・ロシア)の代表選考会が、7日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、前回3位のフライ級の並木月海(自衛隊)のほか、ライトフライ級の仲田輪幸(平成国際大)、バンタム級の浜本紗也(日大)、フェザー級の入江聖奈(日体大)、ライト級の釘宮智子(警視庁)が選ばれた。並木は「去年よりいいメダルをもって帰りたい」と意気込みを語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス