経済

街角景気、2カ月連続悪化 6月、10連休の反動続く

 内閣府が8日発表した6月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比0・1ポイント低下の44・0となり、2カ月連続で悪化した。改元や10連休で旅行などのサービスが盛り上がっていたが、5月以降、反動が続いている。

 指数は2016年6月以来、3年ぶりの低水準。内閣府は景気の基調判断を「このところ回復に弱さがみられる」で据え置いた。

 現状判断指数を構成する項目別では、家計動向が0・5ポイント下落の43・6だった。「10連休の反動で6月はかなり悪い」(東北の旅行代理店)などの声があった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス