経済

闇サイト流出情報を通知サービス 米シマンテック、日本で開始

 ダークウェブ上でクレジットカード情報が販売されている画面のイメージ(シマンテック提供)

 米セキュリティー大手のシマンテックは10日、不正アクセスなどで盗まれたクレジットカード番号などの個人情報が、匿名性の高いネット空間「ダーク(闇)ウェブ」に流出していないかを検出して、メールや専用アプリを通じて知らせる個人向けサービスを日本で開始すると発表した。

 ダークウェブではサイバー犯罪者が盗んだ個人情報の違法売買を盛んに行っているとされ、これらの情報によって、スマートフォン決済サービスの不正利用などが起きやすくなっているとの指摘がある。

 アマゾンなどのサイトで11日以降、順次発売する。1台1年間ライセンスの想定価格は2780円(税別)。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス