国際

英宮殿不法侵入疑いで男拘束 37年前にも同様の事件

 ロンドンのバッキンガム宮殿(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英警察は10日未明、エリザベス英女王(93)の公邸、バッキンガム宮殿の囲いをよじ登り、敷地内に不法侵入した疑いで男(22)を拘束した。英メディアが伝えた。女王は当時、宮殿で就寝していたとみられる。男は凶器などは持っていなかったが、宮殿では37年前にも不法侵入事件が起きており、警備態勢を巡る議論が再燃しそうだ。

 大衆紙サンによると、男が敷地内に滞在したのは数分間とみられ、扉をたたくような大きな物音を聞き駆け付けた警察官らが取り押さえた。BBC放送は宮殿関係者の話として、男は宮殿建物内には侵入していないと伝えた。


(共同通信)