スポーツ

横綱の白鵬と鶴竜が全勝堅持 栃ノ心は朝乃山に敗れ5連敗

 白鵬が小手投げで遠藤を破る=ドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所5日目(11日・ドルフィンズアリーナ)両横綱はともに5戦全勝。白鵬は遠藤を小手投げで退け、鶴竜は碧山を上手出し投げで仕留めた。

 大関陣は今場所から復帰した栃ノ心が朝乃山に寄り切られ、元気なく5連敗を喫した。朝乃山は2勝目。高安は新小結阿炎を押し出して1敗を守り、豪栄道は新小結竜電を寄り切って白星を先行させた。関脇御嶽海は北勝富士にはたき込まれて2敗目。

 全勝は鶴竜、白鵬と平幕の友風、照強の4人。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス