社会

三菱UFJ行員が女性に乱暴疑い 飲食物に睡眠作用の薬

 昨年12月、30代女性の飲食物に睡眠作用がある薬物を混ぜて乱暴したとして、警視庁築地署は11日、準強制性交の疑いで東京都中央区、三菱UFJ銀行の行員千秋凉祐容疑者(28)=11日付で懲戒解雇=を逮捕した。「今は思い出せない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月16日夜、東京都中央区銀座の居酒屋で飲食物に薬物を混ぜて女性を意識もうろう状態にさせ、千秋容疑者が当時住んでいた墨田区のマンションに連れ込み乱暴した疑い。

 女性は築地署に被害を相談、体内から睡眠作用のある成分が検出された。千秋容疑者の自宅を家宅捜索した結果、同じ成分を含む睡眠薬が見つかった。


(共同通信)