国際

金正恩氏、憲法に名前が初登場 改正で絶対統治完成

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(聯合=共同)

 【北京共同】北朝鮮が4月の最高人民会議(国会)で改正した憲法に金正恩朝鮮労働党委員長の名前が初めて明記されたことが11日、判明した。最高指導者が金正恩氏であることを明確にし、絶対的な統治体制が憲法上も完成したと言える。

 第59条で「先軍革命路線を貫徹して革命の首脳部を防衛する」としていた「国家武力」の使命について「偉大な金正恩同志を首班とする党中央委員会を決死擁護する」と修正した。

 憲法改正は2016年以来。北朝鮮が運営するウェブサイト「ネナラ(わが国)」が朝鮮語の改正憲法全文を掲載した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス