経済

米消費者物価0・1%上昇 6月、ガソリン値下がり

 【ワシントン共同】米労働省が11日発表した6月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月比0・1%上昇した。上昇率は前月から変わらなかった。ガソリンの値下がりが目立った。前年同月比(季節調整前)では1・6%上がった。

 前月比の品目別では、食品価格が横ばいだったが、エネルギーは2・3%下落した。衣料品などは値上がりした。

 月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は0・3%上昇。前年同月比では2・1%上がった。


(共同通信)