スポーツ

炎のストッパーの足跡展示 故津田投手長男が記念館

 「津田恒美記念館」の館長を務める津田投手の長男大毅さん=広島市

 JR広島駅からプロ野球広島の本拠地マツダスタジアムに至る通称カープロードの道中に、「炎のストッパー」としてファンに愛され、脳腫瘍のために1993年に32歳の若さで亡くなった津田恒実(本名恒美)投手の足跡を展示する記念館ができた。

 5月末のオープンから1カ月で来館者は約5千人を数え、館長を務める長男大毅さん(30)は「支えてくれた人に恩返しをしたい」と話す。

 津田投手はドラフト1位で広島に入団した82年に11勝を挙げて新人王に選ばれ、抑えとして89年は最優秀救援投手のタイトルに輝いた。闘志にあふれ、満身の力で投げ込む剛速球で魅了。


(共同通信)