くらし

観光甲子園、50組が決勝へ 地元の魅力アピール

 一般社団法人「NEXT TOURISM」(神戸市)は12日、高校生が訪日外国人観光客に地元の魅力を売り込む「全国高等学校グローバル観光コンテスト2019(観光甲子園)」の国内部門で予選を通過した35都道府県の46校、50組を発表した。

 各組が3分の動画を制作し、海外部門5組と共に来年1月25、26日に神戸市で決勝大会に臨む。

 予選通過は北海道の斜里、青森の七戸、京都の木津、沖縄の本部などの各校。全国から215組の応募があった。

 予選通過校は公式サイトで公開。https://nexttourism―contest.jp


(共同通信)