スポーツ

柔道GP、渡名喜が復帰戦で優勝 前田も優勝

 女子48キロ級準決勝でハンガリー選手を攻める渡名喜風南=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】柔道のグランプリ(GP)大会第1日は12日、ブダペストで男女計5階級が行われ、女子48キロ級で世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)代表の渡名喜風南(パーク24)が初戦の2回戦から4試合全て一本勝ちで優勝した。左膝負傷から約5カ月ぶりの実戦だった。

 昨年の世界選手権決勝で渡名喜の2連覇を阻んだダリア・ビロディド(ウクライナ)は出場しなかった。

 女子52キロ級は前田千島(三井住友海上)が制した。準決勝で2016年リオデジャネイロ五輪女王のマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)を延長の末に合わせ技一本で破るなど、5試合を勝ち抜いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス