経済

新千歳の発着枠2割拡大を約束 首相表明、観光需要に対応

 安倍晋三首相は15日、札幌市での街頭演説で、新千歳空港の発着枠について「ピーク時の2割増やすことを約束したい」と述べた。「北海道にはたくさんの観光客が来ている。ネックが新千歳空港の発着枠の問題だ」と述べ、観光需要の増加に対応する必要があると強調。東京五輪が開幕する来年7月までに実施する考えも示した。

 同時に「もっと多くの観光客に海外から来てもらい、お金を使ってもらおう」と語った。

 新千歳空港の現在の発着回数は1時間当たり42回。9日に北海道の鈴木直道知事が菅義偉官房長官らと会い、東京五輪・パラリンピックを見据えた早期の発着枠拡大を要望した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス