スポーツ

フェンシング男子、吉田8強逃す 世界選手権

 男子サーブル個人決勝トーナメント2回戦で、ハンガリーのアロン・シラギに勝利し喜ぶ吉田健人=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】フェンシングの世界選手権第4日は18日、ブダペストで個人2種目の決勝トーナメントが行われ、男子サーブルで吉田健人(警視庁)は2回戦で五輪2連覇中のアロン・シラギ(ハンガリー)に15―14で競り勝ったが、3回戦でカナダ選手に12―15で敗れて8強入りを逃した。ストリーツ海飛(鹿児島ク)は1回戦敗退。

 女子エペで2016年リオデジャネイロ五輪8位の佐藤希望(大垣共立銀行)は1回戦でウクライナ選手に11―14で敗れた。吉村美穂(同大)も1回戦敗退。

 東京五輪出場枠は来年4月までの国際大会の成績で決まり、今大会も対象となる。


(共同通信)