社会

台風5号が東シナ海を北上 21日にかけ広範囲で大雨

 台風5号の予想進路(19日12時現在)

 大型の台風5号は19日、東シナ海を北上した。参院選投開票日の21日にかけて朝鮮半島に上陸する見込み。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む西日本や、前線の影響を受ける東日本で非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 台風は19日正午現在、鹿児島・種子島の西を時速20キロで進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の南東側560キロと、北西側440キロは風速15メートル以上の強風域。九州沖から朝鮮半島に上陸し、22日までに温帯低気圧に変わるとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス