経済

ドイツ銀、3800億円赤字 リストラ策影響、4~6月

 ロンドンにあるドイツ銀行の看板=8日(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ最大手で経営再建中のドイツ銀行が24日発表した2019年4~6月期決算は、純損益が31億9千万ユーロ(約3800億円)の大幅赤字(前年同期は3億6100万ユーロの黒字)だった。ドイツ銀は7日、フルタイム従業員の2割を超す約1万8千人を22年までに削減すると発表。リストラに伴う34億ユーロの関係費計上が影響した。

 ゼービング最高経営責任者(CEO)は声明で「戦略転換に向けた重大な措置を既に取った」と述べ、リストラ関係費を除けば利益を確保できているとの考えを示した。

 ドイツ銀は、同国大手コメルツ銀行と進めていた経営統合交渉を打ち切った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス