社会

熱帯低気圧が北上、台風に発達も 週末、東日本の太平洋側に接近

 台風に変わる可能性がある熱帯低気圧が日本の南を北上しており、気象庁は25日、週末にかけて東日本の太平洋側に接近して大雨を降らせる恐れがあるとして、土砂災害に警戒を呼び掛けた。週末に予定されている花火大会などへの影響も懸念される。

 熱帯低気圧は25日午後9時現在、小笠原諸島・父島の西約460キロの海上をゆっくりした速さで北へ進んだ。26日午後6時からの24時間予想雨量は多い地域で東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。伊豆諸島で26日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は18メートル(25メートル)、波の高さは4メートル。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス