スポーツ

臨海五輪会場で選手とハイタッチ 史上初の試み、無料で

 2020年東京五輪の青海、有明地区会場

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、五輪史上初の試みとして、臨海部の青海地区のバスケットボール3人制とスポーツクライミングの会場付近に、競技のチケットを持たない人でも無料で選手と触れ合えるエリアを設けると発表した。「プレイグラウンド」と称し、練習を間近に見られるほか、選手とハイタッチすることもできる。競技がない日は、ウオーミングアップエリアで競技体験を楽しめる。

 五輪初採用となる若者に人気の「都市型スポーツ」を盛り上げ、多くの人が大会を楽しめるようにする狙いがある。こうした競技が集まる臨海部は大会を象徴するエリアとなりそうだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス